だって画力がないんだもの!

3DCGで創作すればいいじゃない?

Fusion 360で右クリックで視点を回転させる方法

f:id:yamato-tsukasa:20180802034402j:plain f:id:yamato-tsukasa:20180731192928p:plain

 Fusion 360MMDのように右クリック(右ボタンのドラッグ操作)で視点を回転させる方法です。ただし5ボタンマウスが必要です。
 
今まで(デフォルト設定)
  • SHIFTを押しながらマウスのホイールボタンをドラッグ
 
ツール導入後
  • マウスの右ボタンをドラッグするだけ 
  • 右クリックは4番または5番ボタンに割り当て

 

 

解決方法

後述するX-Mouse Button Control というフリーソフトをインストールする(日本語対応可)
 
そのソフトに以下のような設定をする
  1. 上記ツールにてマウスの右ボタンの動作を「SHIFT+ホイールボタン」に置き換える
  2. 右クリックの動作を4番目か5番目のボタンに割り当てる
  3. 上記の動作をFusion 360でのみ動作するように設定する
 

 設定手順

以下、X-Mouse Button Controlの設定手順です。
まずはソフトをインストールして下さい。私はインストーラなしのポータブル版を使用しています。
インストール方法などは以下のサイトを参考にして下さい。
 
インストール作業が終わったら、まずはFusion 360を起動させておいて下さい。

f:id:yamato-tsukasa:20180731031055p:plain

その次にX-Mouse Button Controlを起動させます。
f:id:yamato-tsukasa:20180731192928p:plain
 
ソフトを起動させたら、追加をクリックし、起動済みのFusion 360を選択してOK
Fusion 360を起動させていないとアプリケーション選択ウィンドウに出ません。そのときにはFusion 360を起動させた状態で1の追加ボタンを押して下さい)
 
 
1の手順でプロファイルが追加されているはず。
Fusion 360のプロファイルを選択し、まずはマウスのボタン4,5に右クリックを割り当てます。
 
次に右ボタンの挙動を設定していきます。リストから「キー・シミュレーション(未定義)」を選択。
 

f:id:yamato-tsukasa:20180806200657p:plain

 
1に
{SHIFT}{MMB}
と打ち込みます。
(2)のリストから「マウスボタンを押している間」を選択し、OKを押す。
 
これで、Fusion 360のウィンドウについてのみ、右クリックを押し下げている間中、SHIFT+中ホイールが押し下げられている状態となります。
したがって、右ドラッグ操作で視点を回転させられます。
 
(豆知識)
{SHIFT}{MMB}と言う文字列は、このソフトからマウスに入力キーを指定する命令です。上記画像のEにあるようにスライダを下げていくと、たくさんの命令を閲覧できます。これらを使用すると、さらに多彩な命令をマウスに割り当てられます。
(例)
  • VLCメディアプレーヤー使用時に、中クリックに再生/一次停止用のショートカットキーを割り当て
  • Zbrushのマウス操作をMMDと同じにする(たまにマウスで操作するといらっとするのよね)
 

ホイールの回転方向とズームの関係を逆にしたい場合

Fusion 360で直接設定できます。画像を見れば分ると思います。
 
 
 

割り当てたはずの右クリック動作が機能しない場合

私はむしろこっちのトラブルシュートに引っかかりましたw
 
トラブルシュートのポイントは、このソフトは5ボタンマウスの「戻る」「進む」の動作を上書きする点にあります(多分)。したがって、マウス純正の設定ツールで4,5番目のボタンを「戻る」「進む」以外のキーに設定していると、このソフトの上書き動作が正しく行われません。
4,5番のボタンを以前にカスタムした場合は、デフォルトに戻して試してみて下さい。
他のソフトごとのキー設定がたくさんある場合には、デフォルトに戻す作業の前にスクショを取るなどして設定内容を見える形にしておくことをオススメします。
私は上記のようにボタン名=タスク名となるように初期設定と同じ設定に戻したところ、それらが右クリックとして動作するようになりました。なお、リセットされてしまった他のソフトごとのキー設定はX-Mouse Button Control上で再設定すれば使えます。
 
(例)
X-Mouse Button Controlのデフォルトのプロファイル設定で4,5番のボタンに例えばコピー機能とペースト機能を設定することで、Fusion 360以外ではコピペ用のキーとして機能させることができます。
 
あとは、Windows起動時にこのソフトが起動するようにスタートアップフォルダにこのソフトのショートカットを入れて完了。
手動起動でもいいですが、便利なソフトなので常駐させてもよいかと。
Windows起動時に任意のソフトを起動させる方法については各自でお調べ下さい。スタートアップフォルダにショートカットを入れるのが一番クリーンかな?タスクなんかに指定するよりも。気分的に)
 
 
やっぱり右ドラッグで視点を変えられたほうが作業効率がいいと思うのね。お試しあれ。
 
 

X-Mouse Button Controlをインストールしても効かないボタンがある場合には、純正のマウスドライバをアンインストールすると使えることが多いようです。

私の2つのロジクールマウスが、一方はチルト割り当てに無反応。他方は中ボタンが無反応。困って調べたら、純正ドライバのアンインストールが公式の英語掲示板でアナウンスされていました。試しに2つのマウスの純正ドライバをアンインストールしてPCを再起動してみたところ、2つともばっちりこのツールで使えるようになりました。

 

ただし、ごく稀にボタンが機能しないマウスもあるようですので、その場合はこのツールを諦めて純正のドライバでお使い下さい。